きりえきれい

もとは阪大外語攻略から派生したブログ

音読の効果はスゴイ! 英語や国語の力がみるみる付く! 阪大生おすすめの勉強法!

スポンサーリンク

小学生のころ、音読をたくさんした、という方は多いと思います。

 

 

そんな小学生の宿題の象徴ともいえる音読ですが、受験勉強には効果抜群なのをご存知でしょうか?

 

 

前回は

勉強をし続ける方法! 1日10時間もできる! 集中力をずっと継続させるには?  で勉強を継続させるコツについてお伝えしました。

 

 

今回は、その継続的な学習にもぜひ入れてほしい、音読学習の効果や勉強の方法について徹底的に解説します。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

音読をする意味

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190129154809j:plain

 

音読をすると、なぜいいのでしょうか?

 

 

音読に効果があるとされるのは、英語や国語などの文章を読むことが中心となる科目です。

 

 

では、英語や国語の力を伸ばすのに必要なことは何か、それを考えると音読がなぜ有効かがわかります。

 

 

英語や国語は繰り返し、継続的に学習することが求められる科目です。

 

 

そのため、何度も同じ文章を繰り返し読む、という音読学習を行うことによって、知らないうちに力がついていく、というわけなんですね。

 

 

英語のリスニングも継続的な勉強が必要です! 詳しくこちら

この記事を読んだ後に要チェック!

 

音読をしなくなる、多くの人が音読をしない理由

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190203111930j:plain

 

みなさんのまわりには音読学習を積極的に行っている人はどれくらいいるでしょうか。

 

 

きっとほとんどいないのでは?

 

 

図書館や塾の自主室を思い浮かべてみてください。みんな黙々と勉強をしていませんか? (公共の場所だから静かに勉強をするということはもちろん大切なことですが……)

 

 

実際に私が音読学習を行っているときに友人に音読学習をしているか、聞いたことがあります。

 

 

しかし、ほぼ全員がしていない、と答えました。

 

 

理由としては、

 

同じ教材を繰り返し読んでも意味がない

 

と口をそろえて言うのです。

 

 

音読学習は同じものを繰り返し扱うため、当然、こなした「量」としては少なくなります。

 

 

そのため、自分の勉強が進んでいない「気」がして、なかなか取り組む人がいないようです。

 

入試で読む文章は当然初見の文章なので、何回も同じ文章を読むより、より多くの文章に触れてコツをつかんだほうがいいというのも、もっともな意見でしょう。

 

 

 

音読学習を繰り返しすれば正直予備校は必要ない、、と思っています。

予備校に行かないベリットを紹介!


 

初見の文章では知っていることしか武器にならない

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190127124227j:plain

 

入試では初見の文章が出題されます。

 

 

そこで役に立つのはあなたがこれまでに勉強してためてきた、読み方の武器、だけなのです。

 

 

それをどれだけ多く持っていて、どれだけ使いこなせるかがあなたの結果を分けます。

 

 

その武器を養成するのが音読学習なのです。

 

 

音読学習を通じて、表現、単語、語法、癖をためることが最も重要です。

 

 

 

【今すぐチェック】単語が信じられないほど覚えられる! 脅威の単語勉強法はこちら!


 

本当に伸びるのか

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190203111922j:plain

 

音読学習は勉強が進んでいないように思われる学習です。だから、不安になるのもよくわかります。

 

 

でも、その不安に負けずに、長く長く続けなければなりません。

 

私の場合は英語の長文読解2か月国語の現代文3か月でようやく目に見える実力が付いてきました。

 

 

ほかの人が効果がない、と言っても我慢です。

 

ほかの人が難しい問題集をどんどん解いていても我慢です。

 

 

続ければ必ず成果はでます。

 

 

私が実際に2か月で偏差値を10以上あげた英語の勉強法はこちらで紹介しています。

英語長文問題の勉強方法を徹底解説! レベルに合わせた勉強法がわかる!


 

音読学習で得られるもの

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190131201359j:plain

 

音読学習で知らず知らずのうちに身につく力は何でしょうか?

 

 

単語、表現は単語帳でも覚えられる、というのはもちろんです。

 

 

しかし、それらは生きた文章の中で触れるからこそ身につくものなのです。

 

 

単語だけでなく、英語や現代文にはなれないといけない「読み方」が存在します。

 

 

それを鍛える唯一無二の方法が音読なのです。

 

 

同じ文章を繰り返し読むことでつかんだ「読み方」が初見の文章でできるようになります。

 

 

 

【センター裏技】読んでお得な休憩記事です! 休憩がてらご覧ください。


 

 

音読の仕方の注意点

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190203111926j:plain

 

ここまで音読を絶賛してきましたが、もちろん闇雲に声に出して読むだけでは意味がありません。

 

 

一文一文、一文字一文字、かみしめるように音読をしなければなりません。

 

 

ここで、重要なのは音読はあくまでもある程度理解できた教材の繰り返し学習に用いるということです。

 

 

つまり、自分がほとんど理解できていない文章を音読しても効果はほとんど得られません。

 

 

おすすめは学校や塾の授業で一通り説明を聞いた教材を音読することです。

 

 

授業で聞いたポイントを思い出しながら音読をし、読みながら、生きた文章の中で「分かる」という感覚をつかんでいきましょう。

 

 

先ほども説明したように、音読学習に力を入れている人はそこまで多くありません。きちんと音読学習を生かせば、とてつもなく大きな差が生まれます。

 

 

 

毎日の睡眠、勉強にも生かしてみませんか? 寝ている時間を利用して他の受験生と差をつけよう!

 

 

成果は突然現れる

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190127170924j:plain

 

音読は取り組んでいる最中は成長を感じにくい学習です。しかし、そこでやめてはいけません。あなたの気づかないところで着実に実力はついています。

 

 

そして、ある日突然初見の文章に対して「読める」という感覚が出てきます。

 

 

私も音読学習を始めてから2ヶ月後の英語の模試で「読める」という感覚を実感しました。結果も今までで一番良かったです。

 

あきらめなかった人にしか分からない音読の力、この記事を読んでくださった方には是非体験していただきたいです。

 

 

音読をして飛躍的にリスニング力が伸びるまではどんな感じか、知りたい方はこちら。

 

スポンサーリンク