きりえきれい

もとは阪大外語攻略から派生したブログ

【大学生の飲み会の断り方】おすすめの理由16選 行きたくないなら節約しよう

スポンサーリンク

大学生になると飲み会の機会が増えますよね。

 

 

サークルの飲み会、バイトの飲み会、クラスの飲み会、ゼミの飲み会、友達同士の飲み会などなど数えだしたらきりがありません。

 

 

最近では飲み会が嫌いという人も増えていますが、それでも何かと理由をつけて飲み会をしたがるものです。

 

 

でも、お酒が飲めない人や飲み会の雰囲気が苦手、という人にとってはどうしても飲み会に行きたくない、という方も多いと思います。

 

 

また、飲み会のお金はかなりかかるので、金欠の大学生にとってはかなり痛い出費になってしまいます。

 

 

そこで今回は飲み会に行きたくない大学生必見! 飲み会の断り方を紹介します。 

レポートマスターになるために絶対読んでほしい記事

 

◎大学生におすすめの記事はこちら

 

◎受験から大学生まで勉強についてまとめました

本当におすすめな通販サイトとは……? コツを徹底解説!

 

 

スポンサーリンク

 

飲み会の断り方

 

さて、ここからは具体的に大学生がいかにして飲み会を断るかを考えてみましょう。

 

 

大学生=飲み会、というイメージが世間では定着していますが、飲み会が嫌いと思っている大学生は意外と多いのです。

 

 

そのため、これから紹介する「言い訳」を上手に利用して、飲み会を断りましょう。

 

1.金欠

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200625114924j:plain

 

飲み会を断る上で一番使える理由が金欠です。

 

 

飲み会に行くとたいてい3000円程度かかりますよね。金欠の大学生にとってはかなり痛い出費です。

 

 

お金がないことは同じ大学生同士であれば理解してもらいやすいので、素直に金欠と伝えてみましょう。

 

 

サークルなどを辞める理由のなかでも金欠は上位に来ます。

 

 

それくらい大学生にとって金欠は深刻な問題であり、同時に理解されやすいので、飲み会を断るくらいなら何回でも使えます。

 

 

それではまだ新入生という方のように先輩がおごってくれるからお金のことを気にしなくていい、といわれた場合はどうすればよいでしょうか。

 

 

行きたくない理由が本当に金欠なら参加してもいいかもしれませんが、純粋に行きたくない、という場合は別途ご飯に連れて行ってもらうのが得策でしょう。

 

 

「飲み会はお金がかかるので、おごってもらうのは申し訳ないです。こんど別の日にご飯にでも行きませんか」

 

 

などと伝えれば印象を悪くすることなく先輩がおごってくれる飲み会もスルーすることが出来るでしょう。

 

 

 

私がサークルをやめた背景にも少なからず飲み会の面倒さがありました。そんな話をまとめています。

 

2.バイトが忙しい

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200601162611j:plain

 

金欠に続いてバイトが忙しいのも受け入れられやすい断り方です。

 

 

多くの大学生はバイトをしているので、来月のシフトをもう出してしまった、と言えば、しょうがないと見逃してくれることが多いようです。

 

 

金欠でバイトにたくさん行かなくてはいけない、などと言えば完璧ですね。

 

 

普段はしつこい人であっても個人の経済事情を考えると躊躇する人は多いです。

 

 

金欠と合わせてバイトを理由に断ってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

3.体調不良

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200530141351j:plain

 

飲み会は体力を使いますからね。体調不良を理由に断るのも有効です。

 

 

どんなに飲み会が好きな人でも体調の悪い人まで誘おうとは思いませんよね。

 

 

さそってさらに体調を悪化させても罪悪感がありますし、何よりもまず体調を回復させてほしいと思うのが普通です。

 

 

直近の飲み会であれば「最近風邪気味で」「おなかの調子が悪くて」などと断ることができます。

 

 

また、そこまで体調が悪くなくても、「病み上がりなので飲み会は控えたいです」と断るのも有効です。

 

 

幹事の立場からするとドタキャンは面倒ではありますが、体調不良を理由にするならドタキャンも選択肢の一つです。

 

 

その際は申し訳なさそうに断るとともに、支払わなくていいかも確認しておきましょう。

 

 

 

レポートが苦手……そんな方のためにおもしろ教材を用意しました!

 

4.課題やレポート

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190504112853j:plain

 

大学生であれば本分は勉強ですよね。

 

 

だからこそ「レポートや課題が忙しい」という理由は非常に使いやすいです。

 

 

テスト期間中であればテスト勉強をしないといけない、というのも有効ですね。

 

 

最近では大学でも小テストや中間テストを実施するところが増えています。

 

 

テスト期間がなさそうなときでも中間レポートや中間テストを言い訳に断りましょう

 

 

では夏休みや春休みのように大学そのものが無いときはどうしたらよいでしょうか。

 


おすすめは「まだレポートが残っている」と「集中講義がある」です。

 

 

大学の授業期間が終わってもレポートはある、という方は多いと思います。

 

 

また、集中講義は長期休暇に行われることが多いです。朝から夜まであるから行けそうにない、と伝えるのも有効ですよ。

 

スポンサーリンク

 

5.次の日の朝に予定があると伝える

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190417204341j:plain

 

多くの飲み会は夜に行われます。そのため、次の日の朝早くに大学の授業がある、次の日の朝早くに出かけなければならない、というのは万能な断り方です。

 

 

実際、私もこの断り方を一番よく使います。

 

 

飲み会でなくても、夜にご飯に誘われたときにも、次の日の朝に予定があるからいけない、と伝えれば切り抜けられますよね。

 

 

具体的な予定がなくても朝8時に大学に行かないといけない、バイトがある、電車で少し遠くに行かないといけない、など適当にこじつけて伝えましょう。

 

 

 

一度しかない大学生活。こんな過ごし方もありなのでは……?

 

6.別の予定がすでに入っていると伝える

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190412221542j:plain

 

私が二番目によく使う断り方がこちらです。

 

 

家族と用事がある、親戚と会う約束がある、あまり会わない友達と会う約束がある、といわれては誘いづらくなってしまいます。

 

 

特に内容を言わなくても、別の用事がある、といって断ってしまえば詮索してこない人は意外と多いですよ。

 

 

聞かれたら適当に濁しておきましょう。

 

 

個人的なおすすめは親戚です。

 

 

親戚はそんなに会う機会もなく、友達のように断りづらい、という印象を与えるからです。

 

 

遠くから親戚が会いに来るから行けない、と伝えるとなお有効ですね。

 

スポンサーリンク

 

7.門限が厳しい

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190417204355j:plain

 

大学生のなかでも、特に自宅生の方は親に門限を決められている、という方もいるかもしれません。

 

 

他人の親が言うことには誰も逆らえません。

 

 

門限、というと驚かれるかもしれませんので、親が心配するから帰りが遅くならない方がいい、と伝えるのも有効ですね。

 

 

つきあっている人がいる方は、相手が許してくれない、と伝えるのもときには有効かもしれません。

 

 

ただ、あまり多用すると反感を買う可能性もあるので気をつけましょう。

 

 

 

 勉強に集中できない人必見! 朝型と夜型を徹底比較してみました!

 

8.ダイエット

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200409102937j:plain

 

飲み会で出されるつまみはとにかく高カロリー!

 

 

ポテトに唐揚げ、締めにラーメンなんて食べたら大変です。

 

 

ダイエットを理由に飲み会を断るのも有効です。大学生であれば一大イベントである、成人式や同窓会、結婚式など適当な理由でいいのでダイエットに専念したい、と伝えましょう。

 

 

個人の体重などのデリケートなことが関わるので、しつこく誘おうとは思わないのではないでしょうか。

 

 

ダイエットもできて節約もできて飲み会もスルーできる、割とお得な断り方です。

 

スポンサーリンク

 

9.終電が間に合わない

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621133649j:plain

 

もう物理的に無理、と伝えてしまうのが終電を使った断り方です。

 

 

「家が遠くて、飲み会にいても長い時間楽しめないから今回はパスします」という断り方も結構有効です。

 

 

終電を気にする人は下宿ではなく実家に通っている自宅生の方が多いと思うので、親が心配するから、問眼があるから、などの理由もセットにして断るのも有効ですね。

 

 

 

 大学生活は一度きり……だからこそ今すぐやめた方がいい習慣とは?

 

10.自分の家に人が来る

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200525111428j:plain

 

先ほど紹介した、「既に用事が入っている」に関連して、自分の家に人が来る予定がある、と伝えるのも有効です。

 

 

大学の友達が来る、家族が来る、宅配便の受け取りをしないといけない、など何でも結構です。

 

 

自分の家に既に来る人がいる、となるとそれを変更してまで飲み会に誘おうとは思わないでしょう。

 

 

「自分の家で」と伝えておくことにより、ただ単に行けない、と伝えるよりも先に予定が入ってしまった感が出てスルーしやすいでしょう。

 

 

誰が来る、までは言わなくていいので、家に人が来るから、とだけ伝えれば十分です。

 

スポンサーリンク

 

11.別の店を提案する

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200103153841j:plain

 

中には飲み会に行きたいけど、店が嫌い、居酒屋が嫌い、飲み会に行くほどのお金がない、というかたもいるかと思います。

 

 

そんなときは、別の店を紹介してみてはどうでしょうか。

 

 

3000円もあれば結構いい焼き肉が食べられます。

 

 

居酒屋で出てくるつまみなんて微々たるものです。「食べ盛りの大学生であれば、飲み放題付きの焼き肉食べ放題の方がいいと思いますよ」、なんてことを決まる前にやんわり伝えておくといいでしょう。

 

 

また、飲み会に行きたくないけど、食事会は好き、という方は、「今回は行けないですが、今度別のレストランで何人かで食事しませんか」と誘ってみましょう。

 

 

特に行けない理由を伝えなくてもその場をごまかすことが出来ますし、今回はたまたま行けなかったけど、次からは行きたいと思っている、と好印象です。

 

 

今後も飲み会に行きたくない、ということであれば一緒に食事に行ったときに、本当のことを打ち明けてみるのも手でしょう。

 

 

私もサークルの先輩に食事会は好きだけど、「飲み会は好きではない」、と伝えたら、それ以来無理に誘われることもなくなりました。

 

 

もうレポートで徹夜しない! パーキンソンの法則を使った驚きの集中法とは?

 

12.薬

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190210111658j:plain

 

お酒と薬は混ぜるな危険です。

 

 

薬を飲んでいなくても結構なので「今薬を飲んでいるからお酒は飲めない」「お酒を飲めない飲み会はもったいないか今回はパスします」と伝えれば十分な理由になります。

 

 

薬とお酒という組み合わせは、飲み会を断るときだけでなく、自分が飲みたくないときに強引に言われないようにするためにも非常に有効です。

 

 

ぜひ、薬を飲んでしまったから飲み会には行けない、お酒は飲めない、と伝えてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

13.とんでもなくお酒に弱いことをアピールする

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190208161044j:plain

 

お酒を飲めない人にとって、飲み会ほどコスパの悪いものはないでしょう。

 

 

一律同じ料金で飲み放題だった場合、お酒を飲めない人にとっては、グラス一杯1000円を超えるのです。

 

 

お酒をまったく飲めないから、飲まされる可能性が少なからずある飲み会には参加したくない、と伝えてみましょう。

 

 

大学生は一時期一気飲みなどが問題になっていましたが、最近では飲めない人に対する理解も少しずつですが出てきています。

 

 

グラスの半分も飲んだら気持ち悪くなる、と伝えておけば、無理に誘ってくることもなくなるでしょう。

 

 

 

京都の町に放り出された学生たち……果たしてどうなった? 集中講義を紹介!

 

 

14.どうせ来ないキャラを定着させる

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190208161038j:plain

 

ありとあらゆる飲み会を断り続けていると、そのうち「あの人は誘ってもどうせ来ない」という印象を与えます。

 

 

そうすれば、断る以前に飲み会に誘われることもなくなるのです。

 

 

それを心地よいと思うか、仲間はずれにされていると思うのかは人それぞれですが、かたくなに飲み会に行かない態度を取っていればそのうち誘われることがなくなります。

 

 

飲み会に行かなかったことがきっかけで仲間の関係が壊れるのであれば、その程度の関係です。

 

 

私は飲み会に行かない印象を与えてしまい、誘われることもなくなったのですが、それでも普段は普通に仲良くしてくれる人がいます。

 

 

私は飲み会には行かないので、ときっぱりとそしてやんわりと伝えてみることもときには有効かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

15.最初だけ参加する 遅れて参加する

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190131201504j:plain

 

どうしても参加しないと行けない場合は何かと理由をつけて、早抜けや、遅刻を使いましょう。

 

 

「明日用事があるので最初の一時間だけ参加します」や「用事があるので1時間ほど遅刻します」と伝えましょう。

 

 

飲み会に絶対に来ない、という印象は与えることなく、それでいてあまり関わることがないので、どうしても断り切れない、というときは有効かもしれません。

 

 

大学のサークルの歓迎会など自分が主役のときのように、欠席するわけにはいかないときには使ってみましょう。

 

 

 

 みなさんはポケモンは好きですか? そんなポケモンで大学のレポートを書いてしまいました……

 

 

16.幹事になって自分の好きな店を提案する

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190117154610j:plain

 

飲み会がいやだけど、どうしても行かなければならない、というときは自分から幹事に立候補しましょう。

 

 

金欠であれば比較的安い店や幹事割がある店、居酒屋が嫌いなら焼き肉の店を予約するなどして対応します。

 

 

以前、大学の関わりがあった人の打ち上げでは居酒屋ではなく、リーズナブルなイタリアンのレストランで行いました。

 

 

適度にお酒も飲めて、予算も1000円程度、会話も弾んでとても有意義な時間でした。

 

 

どうしても飲み会に行かざるを得ないときは、自分から幹事に立候補して、自分の好きなプランを考えましょう。

 

 

幹事をしてくれた人の意見には誰も逆らえないものです。

 

スポンサーリンク

 

来なかった人のことは気にしていない

 

考えてみると意外にも飲み会を断る方法はたくさんあることが分かるかと思います。

 

 

そして、もう一つ忘れてはいけないポイントは飲み会に参加している人は「来なかった人」のことはあまり気にしていない、ということです。

 

 

わざわざ飲み会を断る理由を考えている人は神経質な人が多いかと思いますが、みんな騒いでいる飲み会で、来なかった人のことを考えることはあまりありません。

 

 

軽く「この前は参加できなくてごめん」とだけ伝えておけば十分でしょう。

 

 

一度しかない自由な大学生活、いやなものは徹底的に断っても悪いことは何もないのです。

レポートマスターになるために絶対読んでほしい記事

 

◎大学生におすすめの記事はこちら

 

◎受験から大学生まで勉強についてまとめました

おすすめ記事