きりえきれい

もとは阪大外語攻略から派生したブログ

【参考文献を早く書く方法】 大学のレポートをコピペを駆使して効率良く書こう

スポンサーリンク

レポートを書くときに必ず表記しなければならないのが参考文献です。

 

 

今まで 

などで参考文献の表記の仕方やレポートの書き方を紹介してきましたが、みなさん思うことがあるのではないでしょうか。

 

 

「参考文献の表記めちゃくちゃ時間かかる!!!」

 

 

そうなんです。参考文献の調査にはとにかく時間がかかります。

 

 

レポートのレベルが上がりや分量増えて行くにつれて、当然必要になる参考文献の量が多くなっていきます。

 

 

提出すべき文章が書き上がっても、最後に参考文献を表記するのに文章を書くのと同じくらいの時間を使ってしまうこともしばしば。

 

 

この面倒な作業、どうにかして単純化できないでしょうか。

 

 

というわけで今回はパソコンの様々な機能を駆使して参考文献を早く書く方法を考えてみたいと思います。

 

レポートマスターになるために絶対読んでほしい記事

 

◎大学生におすすめの記事はこちら

 

◎受験から大学生まで勉強についてまとめました

書評レポートが苦手な人必見! 難しい書評はどうやって書くの?

 

 

スポンサーリンク

 

参考文献を早く書く手順

参考文献を早く書く手順は以下の通りです。

 

1.テンプレを作成して複製する

2.早くタイピングできそうなものは手動入力

3.Amazonでコピペ

4.フォントをリセット

 

それではここから具体的に説明していきます。

 

1.テンプレを作成して複製する

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621133649j:plain

 

まずは参考文献を書き込むためのテンプレを作成して複製します。

 

 

学問分野や指導をする先生によって文献の表記の仕方がまちまちではありますが、まずはそれに必要なテンプレを用意します。

 

 

例えば私の場合は次のように指導されています。

 

村上道夫, 『基準値のからくり』, 講談社, 2014.

 

項目を具体的に説明すると

 

著者, 『書名』, 出版社, 出版年.

 

細かい話ではありますが、(著者)(書名)(出版社)のあとには「 , 」(カンマ)を入れて半角スペース、一番最後には「 . 」を入れています。

 

 

先生の方針によってはカンマが不要だったり、すべてピリオドだったっりと違いがありますが、まずはこのテンプレを作成します。

 

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621114401p:plain

 

そしてコピー、貼り付けの順番にいくつか複製していきます。

 

 

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621114434p:plain

 

 

時短の基本ですが、パソコンを使う作業のときはショートカットキーを使いこなせるようになりましょう。

 

 

ここではコピーと貼り付けです。

 

コピー

Ctrl + C      
command + C 

貼り付け

Ctrl + V      
command + V

 

このショートカットキーはとくによく使うので絶対に覚えておいてください。

むしろ覚えていないと恥ずかしいと思ってください!

 

 

 

 レポートに必要なショートカットキーを厳選して紹介! 合わせてご覧ください!

 

 

2.早くタイピングできそうなものは手動入力

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190412221542j:plain

 

ここからいよいよ参考文献を書き込んでいきます。

 

 

まずは表記する文献がすぐにタイピングできるものかを判断します。

 

 

例えば私が先ほど取り上げた文献

 

村上道夫, 『基準値のからくり』, 講談社, 2014.

 

この場合はそれほど難しい漢字があるわけでもなく、本を見ながらすぐに書けるのでそのままタイピングしていきましょう。

 

 

それでは難しい漢字が含まれている場合、あるいは外国語の文献の場合はどうしたら良いのでしょうか。

 

 

特に外国語は入力に慣れていないことやスペルミスに気をつけなければならないこともあり、非常に時間がかかることが予想されます。

 

 

このような場合は本を見るのではなく、次に紹介する方法を使うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

3.Amazonや楽天でコピペ

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190220203223j:plain

 

レポートにおいてコピペは厳禁ですが、それはあくまで本文の話です。

 

 

誰が書いても変わらない参考文献や書誌情報についてはコピペしてしまってもまったく問題ありません。

 

 

だいたいやり方は分かりますよね。

 

 

表記したい文献をAmazonなどの通販サイトで検索します。私の個人的なおすすめは楽天の商品ページです。

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621110728p:plain

 

ここには参考文献の表記に必要な情報がコンパクトにまとまっているので、効率よくコピペすることができます。

 

 

何回もしつこく書いていきますので、このショートカットキーは絶対に活用してください!

 

コピー

Ctrl + C      
command + C 

貼り付け

Ctrl + V      
command + V

 

先ほどステップ1で書いたテンプレに当てはめて貼り付けていきましょう。

 

 

 

みなさんは通販で何を使っていますか? 実は一番お得なのは○○だった? 

 

4.フォントをリセット

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190216202431j:plain

 

さて、Amazonや楽天などのページからコピペしてきました、ここでひとつ問題が生じます。

 

 

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621115030p:plain

 

何が問題なのかはすぐに分かりますよね。フォント、サイズがばらばらなのです。

 

 

基本的にレポートの執筆は日本語であればMS明朝や游明朝、英語などアルファベットであれば“Times New Roman”で表記することが基本ですので、当然それに合わせなければならないのです。

 

 

そこで行うのがフォントのリセットです。

 

 

Word(Windows)では

Ctrl + (スペースキー) 

これを使うと選択した範囲のフォントがリセットされます。

 

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621115132p:plain

 

 

 

これでOKなように思えるのですが、フォントや文字サイズによってはすべて戻らないことがあります。

 

 

実際にこの例でも著者名の左に何か変なものがついていますよね。

 

 

これをさらにリセットする強力なコマンドがこれです。

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621131541p:plain

赤丸で囲ったところがフォントの完全リセットです。ここを選択すると、

 

 

f:id:kyrikyri-gladbox10:20200621131710p:plain

 

これで完成です。

 

スポンサーリンク

 

外国語の文献の注意

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190217182442j:plain

 

この方法は外国語の文献の表記をするときに非常に役立ちます。

 

 

ですが、一つ注意点があります。フォントをリセットしたあとにタイトルをイタリックにすることを忘れないことです。

 

 

日本語の文献を『二重カギ括弧』や「カギ括弧」で表記するのに対して、外国語文献のタイトルは基本的にイタリックを使います。

 

 

フォントのリセットをするとイタリックも解除されてしまうので、必ずタイトルをイタリックにするようにしましょう。

 

 

イタリックのショートカットキーもついでに覚えておきましょう。

 

イタリック

Ctrl + I      
command + I

 

スポンサーリンク

 

パソコンの使い方の工夫でレポートは早く仕上がる!

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190216202032j:plain

 

私自身がブログをやっている人間ということもあって、パソコンはよく使います。

 

 

最近ではスマホでレポートを書く、という人もいるようですが、今回紹介した方法も基本的にはパソコンを使った方がスムーズです。

 

 

パソコンを使いこなせれば使いこなせるほど、参考文献の表記を含め効率は上がっていきます。

 

 

コマンドを調べたときについでにショートカットキーを覚えるなど、作業を効率化する方法も駆使していきましょう。

 

レポートマスターになるために絶対読んでほしい記事

 

◎大学生におすすめの記事はこちら

 

◎受験から大学生まで勉強についてまとめました

おすすめ記事