きりえきれい

もとは阪大外語攻略から派生したブログ

実は効率的!? 受験期の自宅学習のすすめ 音読もリスニングも効率的にできる!

スポンサーリンク

皆さんは勉強はどこでしているでしょうか。

 

 

学校で勉強する、図書館で勉強する、で勉強する、、、

人によって様々だと思います。

 

 

実は私は休みの日はほとんど自宅で勉強していました。

 

 

以前 勉強をし続ける方法! 1日10時間もできる! 集中力をずっと継続させるには? で継続的に勉強をする方法をご紹介しましたが、もちろんこれは自宅でも可能なのです。

 

 

塾に行っていなかった、ということもあったのですが、図書館など、外に出て勉強する、ということはほとんどありませんでした。

 

 

今回はそんな自宅学習について、メリットや注意点を説明します。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

 

自宅学習のメリット

 

まずは自宅学習のメリットを紹介します。自宅だと誘惑があって集中できない、という方も多いと思います。

 

 

しかし、意外と自宅学習にもメリットはあるのです。

 

通学時間がかからない

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190217202730j:plain

 

学校や図書館、塾など場所を変えるために移動する時間が負担になる、という方は多いのではないでしょうか。

 

 

私の場合は自宅から学校までが一時間半、図書館までが30分と、気軽に行ける距離ではありませんでした。

 

 

そこに行くまでに時間がかかるなら、その分勉強したほうがいい、と思い、家で勉強していました。

 

病気にかかりにくい

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190203111935j:plain

 

受験シーズンはインフルエンザが流行する時期でもあります。

 

 

人が多く集まる図書館や塾では当然何かしらの病気をもらうリスクがあります。

 

 

私は病気にかかりやすい体質だったので(今もですが)受験を控えているときは家からは出ませんでした。

 

 

家からでなくなると体を動かさなくなるから、かえって免疫力が落ちる、という考え方もできそうですが、、、

 

おいしい食事を食べられる可能性が高い

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190210161431j:plain

 

外で勉強するとどうしても昼ご飯はコンビニの弁当、とかになりがちですよね。

平日の夜まで塾に残る人は夜ごはんも外で食べる、なんて人も。

 

 

私は母がつくってくれた食事が好きだったこともあり、家でいつもおいしい食事を三食食べられるのはうれしかったです。

 

 

平日の夜に温かい夜ご飯を食べたかったから、というのが私が塾へ行かなかった一番の理由でもありました。

 

家は勉強しない場所、という考えがなくなる

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190127124657j:plain

 

家では勉強できないから外で勉強をする、という方は多いと思います。

 

 

しかし、それだと外は勉強する場所で、家は勉強しない場所、となってしまわないでしょうか。

 

 

私は夜寝る前まで単語帳を開いて勉強をしていました。

寝る前に暗記をすると定着しやすい、と言われているからですね。

 

 

自宅で勉強をする、と決めてしまえば、おのずと家は勉強する場所、という考え方になってきます。

 

 

もしも何かの都合で外出ができなかった、となったときに家で勉強ができない体質だと支障をきたします。

 

スポンサーリンク

 

声を出して勉強ができる

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190208161109j:plain

 

お話しOKという自習室もありますが、どうしても人前で声を出すことには抵抗があると思います。

 

 

しかし、家では遠慮することなく声を出すことができます。

 

 

私は現代文や英語の学習には音読を進めていますが、その音読をする環境が整っているのが自宅なのです。

 

 

リスニングをスピーカーで聞いてシャドウイング、なんてことも遠慮せずにできますよ。

 

 

 

音読学習は勉強に効果抜群ってホント!? 詳しくはこちら


 

 

自宅学習で気をつけること

 

自宅学習をするとなれば、当然自己管理が必要となってきます。

ここからは自宅学習で気を付けるべきことを紹介します。

 

自分でルールを決める

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190208161123j:plain

 

自己管理が重要な自宅学習ではきちんと自分でルールを作り守ることが求められます。

 

 

例えば、寝るとき以外は布団に行かないスマホの電源は昼間は切っておく、など、自分で徹底しなければなりません。

 

 

当然家には誘惑もあります。それをうまくコントロールすることが重要です。

 

生活リズムを安定させる

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190127125352j:plain

 

図書館や塾など外部の施設は開いている時間が決まっているため、その時間に行く、というリズムが生まれやすいです。

 

 

しかし、自宅だとそれが自由になります。そのため、自分の勉強がしやすい生活を安定して作り出すことが必要になります。

 

 

朝方、夜型、人によってそれぞれだと思いますが、やると決めたら、安定してその生活を繰り返せるようにしましょう。

 

 

学校に行くことを考えると、学校生活と同じ生活リズムで勉強することが一番理想ですね。

 

休憩の仕方を工夫する

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190208161109j:plain

 

家での勉強では、その気になればいくらでもだらけることができてしまいます。

 

 

それが起こりやすいのが休憩の時です。

 

 

テレビを見る、スマホを触る、といった休憩の仕方では、勉強がはかどりにくいです。

 

 

机で少し寝る、外を散歩する、など、上手に休憩ができる方法を探すとよいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

方法次第では勉強量も勉強の質もよくなる

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190203111922j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

自宅学習もメリットを十分に生かし、自己管理をすることができれば、外で学習をする以上の効果を得ることができます。

 

 

特に私がおすすめしている音読学習とは相性が抜群です。

 

 

家でしかできない勉強も取り込むことができるので、ぜひ取り入れてみてください。

無理だ、と思ったら、すぐに中止しましょう。

 

 

 

 

自宅学習で効果的な音読学習とリスニングの勉強法はこちら!

 

 

 

 

こちらもおすすめ