きりえきれい

もとは阪大外語攻略から派生したブログ

古文単語をすらすら覚える 難しい古文単語もコツを覚えれば意外と簡単!? おすすめの勉強法も紹介

スポンサーリンク

大学入試の国語の問題ではセンター試験を始め、古文の問題がよく出題されます。

 

 

その古文を攻略するために、絶対に覚えなければならないのが古文単語です。

 

 

皆さんは古文単語はどのように覚えているでしょうか。

 

 

覚えにくい、とされる古文単語も工夫をすると意外と簡単に覚えられたりします。

 

 

以前 【効果絶大】短時間で大量の単語を暗記できる「上に戻る暗記法」 暗記も書き取りもできる! 作成も簡単! 赤シート不要! 万能単語帳の作り方も紹介!  で効果的な単語の勉強法について紹介しました。

 

 

今回は古文単語に重点をあてて勉強法を考えてみましょう。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

古文単語の勉強で意識してほしいこと

 

古文単語を覚えるのは、一口に単語の勉強、といっても英単語とはまた違った勉強法になります。

 

 

まずは英単語の勉強との違いを考えてみましょう。

 

古文単語は書けなくても良い

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190131201504j:plain

 

英語は英作文など、英語を書かなくてはいけないことがありますよね。

 

 

しかし、古文単語はその必要はありません。古文作文、なんて聞いたことはないですよね。

 

 

単語を与えられて、その意味が分かれば良いのです。

 

 

その点で古文単語の暗記は英語よりも簡単なのですが、逆に勉強をあまり熱心にしない原因でもあるのです。

 

スポンサーリンク

 

多義語が多い

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190216202559j:plain

 

古文単語は非常に多義語が多いです。

 

 

英語は数こそ多いものの、一語に尽き、一つの意味を覚えておけば対応できることが多いです。

 

 

反面、古文単語は文脈によって同じ言葉でも違う意味で訳さなければならないことが多くあります。

 

 

多義語の勉強は一つの意味を覚えてしまうとなんとなくできたような気がしてしまうので、定着が遅い傾向にあります。

 

紛らわしい単語が多い

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190127171031j:plain

 

紛らわしい単語には2種類あります。

 

 

現代語と似ているのに意味が異なる単語古文単語同士で似ているのに意味が異なるものです。

 

 

例えば、

 

おろかなり、という古文単語は、いい加減だ、という意味です。

 

 

どうしても現代語の感覚では愚か、という意味が出てきてしまいますよね。

 

 

この現代語の感覚が古文単語の習得を難しくしている原因の一つです。

 

 

もう一つの紛らわしい単語の例に

 

こころにくし

こころうし

 

というものがあります。

前者のこころにくしは、奥ゆかしい、上品などプラス評価であるのに対し、後者のこころうしは、つらい、不愉快、といったマイナス評価の意味を表します。

 

 

このようになんとなく似ているけど、まったく意味が異なる単語も多いです。

 

 

また、こころ○○、という単語はとにかく数が多いので、覚えるのも大変です。

 

 

古文単語も現代の単語も同じ日本語です。

 

 

同じ日本語であるだけに、単語そのものは覚えやすいものの、意味が紛らわしかったり、現代語とは異なる訳詞方をするものが多くあります。

 

 

それらの単語は試験ではよく出題されるので、重点的に勉強する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

古文単語の勉強法

 

以上のように、同じ単語であっても古文単語には英単語とは異なる特徴があります。

 

 

勉強をするときにはそれらの特徴を意識して勉強することが大切になってきます。

 

 

ここからはおすすめの古文単語の勉強法を紹介します。

 

上に戻る勉強法

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190209163408j:plain

 

以前 【効果絶大】短時間で大量の単語を暗記できる「上に戻る暗記法」 暗記も書き取りもできる! 作成も簡単! 赤シート不要! 万能単語帳の作り方も紹介!  でも紹介した、上に戻る勉強法です。

 

 

順番に意味を言っていき、間違えたら始めたところからやり直す、という勉強法です。

基本的な学習法は英語と同じで問題ありません。

 

 

自然な流れで繰り返し学習ができるので、定着がしやすいです。

 

スポンサーリンク

 

例文を多く使う

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190127125016j:plain

 

古文単語はそれ単体で覚えるよりも、例文を使って暗記する方が効果が良いです。

 

 

経験があるかと思いますが、古文の文章を訳しても、そのまま単語の意味通り現代語に直せるとは限りません。

 

 

可能な限り例文を使って、「訳し方の雰囲気」を覚える事が大事です。

 

 

それを積み重ねることによって、正解になる自然な訳を作ることができます。

 

教材の文章で単語を覚える

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190129154809j:plain

 

例文を多く使うことを紹介しましたが、その実践編として、教科書や参考書などの本文で単語を覚えることをおすすめします。

 

 

この学習を繰り返すことによって、どのような文脈で、どの意味、どの訳し方が良いのかが分かってきます。

 

 

この学習の際には、同じ教材を繰り返し読む、音読学習をおすすめします。

 

 

多くの問題を解くことも大切ですが、繰り返し問題を解いて定着させることも大切です。

 

 

私が受験期に使っていた教材は『古文上達』です。


古文上達 読解と演習56 [ 小泉貴 ]

この教材が解答がわかりやすく、重要な単語もまとまっているので、学習がしやすいです。

この問題集を繰り返しとくことによって、入試レベルの古文には十分対応が可能です。

 

 

 

古文の実力も英語の実力もどんどん伸びる音読学習とは? 詳しくはこちら。

 

漢字で覚える

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190221095901j:plain

 

文章や古文単語帳には単語はひらがなで載っています。

 

 

しかし、ほとんどの古文単語には漢字をあてることができ、その漢字が分かれば意味も分かる、という単語が意外と多く存在します。

 

例えば、

 

たまさかに

 

という古文単語、偶然である、数が少ない、という意味なのですが、

これは「偶に」と漢字で書きます。

 

 

実際の文章で漢字で書かれることは少ないのですが、単語を暗記する段階では漢字は大いに役に立ちます。

 

 

単語帳に載ってなくても、漢字が存在することは多いので、辞書やインターネットなどを使って調べてみましょう。

 

先ほどお伝えしたように、古文単語は書ける必要はありません。

こんな漢字をあてるんだった、という感覚を覚えれば問題ありません。

 

 

スポンサーリンク

 

古文単語の特性を生かした勉強をする

f:id:kyrikyri-gladbox10:20190203111930j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

古文単語には独特の癖があります。

 

 

攻略が難しい点でもありますが、その点を上手におさえて勉強すれば、以外と簡単にマスターできたりします。

 

 

受験で覚えるべき単語数は英単語に比べると非常に少ないです。

 

 

その分多義語も多いですが、単語帳を一周するのにもそれほど時間はかかりません。

 

 

繰り返しが重要な単語学習において、一回の負担が少ないのは楽な点かと思います。

 

 

数が少ないから、と気を抜くのではなく、勉強する癖をつけて、早めに実践的な問題に取り組みましょう。

 

 

おすすめ記事


 暗記学習のススメ

 


 

阪大の国語の勉強法はこちら